特徴について

肌に残る跡の改善に。

お肌の手入れ

美容外科は外科的な手術跡の回復や、ケロイド状になってしまった皮膚炎や怪我の跡の回復を得意とする診療科目です。 日帰りや止まりでの外科的な手術の跡は比較的つれてしまう事が多く、場所によっては目立つ状態で残ってしまう事があります。 手術出なくても早く治癒していても当時少し深めな怪我で跡が残ってしまったり、ニキビや虫さされが化膿してしまっての跡が目立つ事があります。 色素の沈着は美容皮膚科でも対応出来ますが、皮膚に凹凸が出来てしまったりケロイド状になってしまった場合は美容外科での相談と検査が安心です。 実際に相談と検査を行う前に自分自身で気になる所の範囲と、色や形の変化を把握しておいて説明と質物がすぐに出来るようにしておくと安心です。 特に日中と入浴後の違いはしっかりチェックしておくとよいでしょう。

治療にあたっては。

美容外科では初診は問診と検査に多くの時間を割きます。 1回で検査が終わらない時は複数回に分けて検査を細かく行い、結果と患部の状態の説明を受けます。 この検査が終わって、患部の状態を把握する事が出来て初めて治療の方法を絞り込む事が出来ます。 外科の名前がつく通り、美容外科は外科的な治療処置も行いますし薬品を使った治療処置も行う事もあります。 回復の状態と、漢文の症状によってはいくつかの処置方法を併用して身体の負担を軽減するという事もあります。 治療の開始に当たってはアレルギーの有無と、治療中の疾患や怪我の有無は必ず担当医に報告をしましょう。 通院中に新しく別の医療機関に通い始めたり、逆に治療が終了した場合は特にしっかりと報告をする必要があります。 美容外科は外見まで影響している怪我の跡や肌の状態を治療の効果で改善する事が出来る、心強い医療機関です。

カウンセリングが大事

美容外科には様々な方が訪れますが、ほとんどの方が外見の治療を行いに来ます。人それぞれ自分の目標とする美の理想像が有ります。この理想像に少しでも近づくために整形を行いに来る方も大勢います。勿論それ以外にも治療やそうだんで来る方もいます。どちらにしても美容外科にはそういったコンプレックスを少しでも治したい、改善したいという方が訪れるため、しっかりとその気持を組みながら最適な治療方法を提案してあげるのが大切になってきます。その提案を行なうためにまず美容外科では必ず初診の際にカウンセリングを行います。カウンセリングでは様々な事を問診しながら行ったり、また実際に検査を行いながら行ったりします。このカウンセリングを行なう意味としてまず医師と患者のゴール地点を共有しておこうという狙いが有ります。幾ら医師といえども患者の理想のゴール地点を完璧に想像できるとは限りません。むしろ逆に分からないというのが一般的でしょう。超能力でもなければそういうことは出来ません。そのため様々なやり取りの中から最終ゴールの目標を相互同期しておくわけです。コレを行なうのと行わないのでは大きく異なります。しっかりと治療を行なうためにはカウンセリングが如何に重要であるかが分かるでしょう。優良なクリニックではカウンセリングに充分な時間をかけます。そして何か不満や疑問がある時は絶えず随時カウンセリングを行っていきます。より満足できる治療を行なうのであればカウンセリングという行為についてもよくチェックしておきましょう。